2006年05月20日

株式市場の本質

株式市場の本質をついた本です。

これを一度読んでおくと、客観的に株式投資と向き合うことができます。
時代を超えて支持されている書籍なので、一度は読まれておくのもいい
でしょう。

ただし、急に儲かるという話は皆無です。
人によっては株式投資へのモチベーションが下がる可能性もあります
ので、客観的に株式市場を捉え、冷静に投資したい人向けです。


アマゾンへのリンク
  ↓↓
posted by ようすけ at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

キャッシュフローゲームをやってみたら結構おもしろかったです。

なかなか良くできていますね。コレは!

このゲームは2つのステージがあります。
 ラットレースといわれる、不労所得を生み出すまでのステージと
 ファーストトラックという様々な投資を楽しむステージです。

なにが良くできているかというと、ラットレースを抜け出し、不労所得を
得るまでのプロセスが実にリアルに再現されているんですね。


要はスゴロクなのですが、その内容が実践的なのです。

基本は給与をもらいながら、株や不動産屋やビジネスに投資していくので
すが、すぐに売れない資産に手元資金一杯の投資をしていると、突発的な
支出でいきなり破産してしまったりします(泣)
 
これは、少なくとも1年間の支出分相当は、流動性の高い資金を残しながら
投資していくべきだという示唆を与えてくれます。


また、ゲーム開始時はお金が足らず、不労所得を生み出す不動産はなかなか
買えないのですが、株のキャピタルゲインで頭金をつくり銀行からお金を借
りてキャッシュフローを生む不動産を購入していきます。

これは、種銭、すなわち頭金の作り方のひとつのヒントになります。

ゲームが進んでいくと、不動産からの収入でドンドン他の不動産を買えるよ
うになってきて、そして不労所得が年間支出を超えるとラットレースから
抜け出すのです!!

キャッシュフローゲームの詳細はコチラをクリック!!

現実の世界を上手く反映しているなと感心しました。
posted by ようすけ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

八木宏之先生

企業再生のプロ中のプロ、八木先生をご紹介します。

起業にはリスクが付きものです。
すべての人が1回目の挑戦でうまくいくわけでは、ありません。

それは当然のことなんです。

アメリカでは、一度起業に失敗した人は、その経験を買われて
次回の挑戦は、やりやすくなります。

ところが、日本では、一度でも失敗すると、再チャレンジは許されない
ような慣習がまかり通っていました。


そこに、風穴をあけたのが八木さんです。

八木さんの著書を読むと、その生々しい内容に衝撃を覚えますが
同時に、すごい安心します。

もしもの時は、八木さんのところにいけばいいのだと。

もしもの時は、迷わず八木さんのところにいくべきです。

弁護士に相談する前に!



八木先生の著書
↓↓↓



もしも会社が傾いたとき、
スムーズに整理したいのでしたら、弁護士に相談すべきです。
でも、立て直したいのでしたら、八木さんに相談すべきです。
posted by ようすけ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安藤泉先生

今度、安藤泉先生と一緒にセミナー講師を務めることになりました。
詳細はこちら

安藤先生の著書
↓↓↓
posted by ようすけ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。